学習システム

倉敷塾の学習システム


倉敷塾では学校や他塾で行われている“授業”は行いません。

その代わりに、脳科学に基づいた“学習コンサル”と“徹底的な演習”と呼ばれる倉敷塾独自の指導方法によって生徒の成績をアップさせます。

学習コンサルとは


学習コンサルとは脳科学に基づいた“正しい勉強のやり方”と“勉強のコツ”を教えるための倉敷塾独自の学習指導スタイルです。

学校や他塾で行われているような“聞く”授業ではなく、生徒との“対話”を通して学習指導を行い、生徒の個性に合った最も効率的な勉強方法を提案します。

※コンサルとはコンサルティングの略で、顧客に対して解決策を提示しその発展を助ける業務のことを指します。ここで言う顧客とは生徒とその保護者様を指し、成績を改善するための解決策を提示するという意味合いを持ちます。

分析力に特化したシステム


学習コンサルでは“対話”を通して学習指導が行われるため、生徒と講師間のコミュニケーションが従来の授業のように一方的になりません。

このため苦手の分析力に特化しており、生徒の個性に合わせたより効率的な学習方法を提案することができます。

苦手の分析に関しては、今までの学校教育や一般的な学習塾ではテスト結果のみによるものが主流でした。

しかし、倉敷塾の学習コンサルでは上記の対話型の指導により家庭学習のやり方や学習スケジュールの管理など多方面から弱点の分析を行うため、より根本的な成績の改善が期待できます。

脳科学を基にした効率的な学習


倉敷塾の学習コンサルでは“どのように勉強すればより確実に記憶に定着できるか”を重視しているため、脳科学に基づいた考え方を数多く取り入れています。

従来のスタイルの授業は教科内容にのみ焦点が当てられており、勉強のやり方そのものを教えることはありませんでした。

一方、倉敷塾の学習コンサルでは上記の脳科学的な思考方法を取り入れることで、「どんな方法で」「どのタイミングで」「どれだけの量を」といった具体的な勉強方法を生徒に指導することができるようになっています。

この脳科学的な勉強方法が“勉強のコツ”や“正しい勉強のやり方”と呼ばれるものです。

実は勉強が苦手な生徒はこの“勉強のコツ”や“正しい勉強のやり方”を知らないだけだったのです。

脳科学的な学習法に関しての詳細は下記の「倉敷塾で用いられる脳科学とは」をご覧ください。

参考「倉敷塾で用いられる脳科学とは?」←クリック

演習とは


演習と
は練習問題や問題集を解くことを教育の場では意味します。

つまり、演習とは“問題を解けるようになるための練習”です。

勉強でもスポーツでも同じですが、練習無しでできる生徒はほとんどいません。

このため、倉敷塾では“徹底的な演習”と称してこの演習を重視しています。

そして、この演習は倉敷塾が“正しい勉強のやり方”と呼んでいるものの1つでもあります。

徹底的というと少し厳しいようなイメージを持たれるかもしれませんが、これはがむしゃらにやらせるようなスパルタ的な意味合いではなく、“正しい勉強方法”を徹底して行うという意味で用いています。

また、自習と演習の違いに関してよく質問を受けますが、自習と演習は似ているようで全く異なるものです。

自習と演習の違いに関しては下記「倉敷塾が考える自習と演習の違い」をご覧ください。

参考「倉敷塾が考える演習と自習の違い」←クリック

すべては演習不足が原因


「学校の授業では理解できたのに・・・」


「テストになると実力が発揮できない・・・」

というお悩みを保護者様や生徒から伺うことが倉敷塾でもよくあります。

実は、これらはすべて演習不足が原因といっても過言ではありません。

現在の義務教育では“演習量”が圧倒的に不足しており、中でも同じ問題を繰り返し解くという学習が軽視されています。

同じ問題を繰り返し解くことで記憶への定着が強くなるだけでなく、これはテストの予行演習にもなるため成績に直結してきます。

このため、この演習は学習において絶対に欠かせないものであると言えます。

ただ授業を聞くだけ、ただ教科書を眺めるだけの学習では“テストでできる”ようになることは不可能です。

倉敷塾が演習を重要視する理由はここにあります。

「わかる」から「できる」へ


倉敷塾の演習は“書くこと”と“話すこと”を中心に進められます。

この手法は脳科学的にも立証されており、口と手を動かすことが脳に強い刺激を与えるために記憶への定着が強くなると言われています。

 学習コンサルで導き出された弱点の分析結果をヒントに上記の手法を用いた演習を通じて、テストで結果が出せることが確認できるまで講師が懇切丁寧に指導します。

繰り返しになりますが、ただ授業を聞くだけ、ただ教科書を眺めるだけの学習では成績は上がりません。

弱点の分析と演習というサイクルが正しく行われることでテストで点が取れるようになります。

皆さんも倉敷塾の脳科学的なアプローチで生徒を“授業ではわかる”から“テストでできる”にステップアップしてみませんか?

まずは無料体験を!

倉敷塾では4週間の無料体験をご用意しています。
申し込みは上記記載の電話番号、もしくは下記のコンタクトフォームよりご連絡ください。